家計簿は結局アナログになりました

日々のこと

皆さんは家計簿、つけていらっしゃいますか?
つけておられる方は、どういう風につけていますか?

アプリ、ノート、Excel…色々と種類はありますが、私はこれまでLINE家計簿、レシーピ!、マネーフォワードなどを使ってきました。

どのアプリにもそれぞれ良いところがあるのですが、生来ものぐさの私。

なんと、アプリならではの便利機能、レシート撮影さえめんどくさがるようになりました(でもあのレシート撮影、なかなか正しく読み取らなくて地味に大変だったりしますよね…)

紆余曲折して、結局辿り着いた家計簿の形がこちらです。

2020年3月の実際の家計簿

わあ、アナログ…。字が汚くて笑えますね!
一応、出費の項目ごとに色を分けています。
スタンプが押してある日はノー買い物デーです。
統一感のなさが私らしい…。

購入した店舗などは、巻末の方のスケジュール欄に記入しています。

店名を書くことに意味はあまりないような気がしますが、一応。念のため。

記録しているのは変動費の出費だけです。
入金と固定費は、給料日後の予算作成用Excelファイルで全部管理しているので、ここには記録していません。

出費の記録をする目的は、「この週はちょっと使いすぎたな」「今月は少し余裕があるかも」といった出費に対するイメージを掴むためです。

あとはもう最初に決めた予算の内で買い物出来ていればそれでいいや…というスタンス。

アプリを使っていた頃に比べて、とっても緩くなりましたが、今はわりとこれが自分に合っているかなという感じです。

また、アプリだとスマホを取り出して画面開いてアプリ開いて項目選んで…と結構手順を踏みますが、ノートだと出して開くだけなので、あまり手間がかからなくていいです。

こういうところがアナログなんだよなぁ…と思いつつ、アナログにはアナログの良さがあるということで、これからものんびり記録していこうと思います。

↓ポチッと押して応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

タイトルとURLをコピーしました